東山動植物園オフィシャルブログ

雪の中の動物たち

今日は、雪かきをしました!

あと少し!

つながった(^o^)

コサラ像にも雪が積もるよ〜

午前中いっぱい雪かきに熱中しました。

雪かき中に撮った動物の写真を少しだけご紹介します。

チャップマンシマウマ

アミメキリン

雪が気になるようす

ニホンカモシカ

元気に走り回っていました。

ライオン

雪がないところを選んでいるような?

アジアゾウ

雪をふきあげたり・・・

アジアゾウ

鼻で抱えて歩いていました。

カンガルー

人間が雪の上を歩く音が気になるようです。

古代池

恐竜像にも雪が積もっています。

インドサイ

雪が気になる?

マレーバク

歩き回っています。

ニシローランドゴリラ

シャバーニが様子をみています。

チンパンジー

雪を食べています。

アフリカゾウ

丸めた雪を作っていました。

カバ

朝のごはんタイムです。

ヤブイヌ

箱の中でくっついています。

園路の雪はだんだん溶けていますが、滑りにくい靴や動きやすい服装でお越しください。


管理課業務係  市川 はるか


新動物園長やっとデビュー

春まつりのイベントの中に「動物園長といっしょに歩こう」という動物園長によるガイドツアーがあります。

今年度から動物園長がかわり、「橋川新動物園長といっしょに歩こう」となったわけですが、何とこれまで予定されていた回が2回とも雨で中止という、見事な雨男ぶりを発揮していました。

そして昨日、この春まつり最後の「動物園長さんといっしょに歩こう」が行われ、今回はいい天気の中、3度目の正直でやっと橋川園長のデビューとなりました。

スタート前のデビューあいさつ

これまでの(私が知っている限り過去2代の)園長は正門を背にして右側のインドサイ、アジアゾウ、ライオン、ホッキョクグマ、キリンなどをガイドしていくパターンが多かったのですが、橋川園長は違いました。左側の、どちらかというとマニアックな動物のガイドツアーでした。

マレーバク、大型ネコ科の猛獣舎、ウォンバット、食肉小獣舎…う〜んマニアックですね。

大型ネコ科のジャガー前

食肉小獣舎 サーバルキャット前

ただし、スタートから最後までお付き合いいただいたお客様がほとんどだったことを思うと、新園長の話が面白かったということでしょうね。

春まつりも今日が最終日。
次回の「橋川園長のマニアックツアー」(勝手に命名)は秋まつりに開催予定です。


管理課業務係  渡邉 剛



RSS 2.0 Login