東山動植物園オフィシャルブログ

秋も掃除が大変です!

日差しも弱くなり、ペンギンたちにはすごしやすい季節になってきました。今年は特に暑く、ペンギンたちはほとんどミストの下で休んでいました。

 ペンギンは一年に一回、羽を新しくます(換羽)。ペンギン舎では春から夏にかけ、抜けたペンギンの羽で掃除がたいへんでした。

8月後半に換羽が終わったのでよかったのですが、最近は落ち葉が掃除の邪魔をします。

もしかしたらプールに汚れているところがあるかもしれませんが、ペンギンに影響はありませんので、あたたかい目でみてください。

(掃除をサボっているわけではないです)

換羽中

換羽中と換羽後


動物園飼育第一係  中山 哲男


水辺から嬉しい便り

梅雨明けが待ち遠しいこの時期、ホッキョクグマ、アシカ、アザラシ、ペンギンたちはプールをゆうゆうと泳いだりダイブしたりと、ジメジメとした雨の日もとても元気です。

今回はそんな水辺で生活する動物からの嬉しい話題です。 

先月に産まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃんとアメリカビーバーの赤ちゃんは順調に育ち、7月に入って親と一緒に泳ぐ姿がよく見られるようになりました。
アシカは年に一度決まったシーズンに子どもを産むので、東山のアシカはほとんどが6月生まれです。
ビーバーは冬に繁殖期を迎え、春から夏にかけて出産します。今回はビーバーにとっては初産。さらに北園・アメリカゾーンの新ビーバー舎では初めて出産になりました。ビーバーの繁殖は珍しくありませんが、新しい施設での繁殖はその個体が飼育環境に馴染んでくれた証でもあり、職員にとっては二重の喜びです。

さて、同じアメリカ原産のアシカとビーバーですが、その泳ぎの教え方を比較すると違いがあります。
ビーバーは両親が2頭で協力して子育てをします。授乳はもちろんお母さんですが、上手く巣(寝室)に戻ってこられない赤ちゃんを口でくわえて運んだり、両手で抱き上げたりして、夫婦で協力して教えています。  
一方、アシカは大人のオス一頭と複数のメス・子どもからなる群れをつくります。お父さんアシカはその巨体で、群れこそ守りますが子育てには無関心です。そのため、泳ぎの訓練もお母さんアシカだけで行います。ビーバーと同様に最初は上手く巣(岩場)に戻れないため、赤ちゃんはお母さんアシカに鼻先で支えてもらって陸に上がります。

これから泳ぎがさらに上達して、やがては自分だけで巣に戻れるようになることでしょう。親子で泳ぐ姿は微笑ましい限りですが、実はまだ性別がわかりません。どちらも外観からは判別がしにくい上に、今は親がしっかりと赤ちゃんをガードしています。ビーバーはレントゲン撮影でも調べることができます。気になるところですが、しばらくはそっと見守りたいと思います。

アシカだけにあしからずご了承願います。

アシカの赤ちゃん

ビーバーの赤ちゃん

動物園長  黒邉 雅実


今がチャンス!応援募金ピンバッジ復刻です!!

いつも東山動植物園を応援してくださり、本当にありがとうございます。『東山動植物園みんなで応援募金』の応援カード・ピンバッジもご好評につき、今までに多くの種類が登場しています。

応援カード・ピンバッジは数量限定で登場しておりますので、ゲットし損ねたお客様も多いのではないでしょうか?

そんな皆様からの熱烈な!ラブコール♡にお答えしまして、この度大人気につき、窓口での受付を終了していた2種類を数量限定で復刻いたします!!!

その動物たちとは…

さわやか系イケメン、根強い人気のシンリンオオカミ!

涼しげな立ち姿が素敵♡なオウサマペンギン!

です!!!!!!!

どちらも動物ベスト10ではいつも上位に入る大人気動物!シンリンオオカミは昨年4月、オウサマペンギンは昨年8月に登場しましたがご好評につき配付終了していました。
この度、多くのお客様からラブコール♡をいただきまして、満を持して復刻致した次第であります。

数量限定100個だけ!動物会館正門案内所のみの受付となっております。
前回ゲットできなかった方も、もう一個ほしい!!という方もこの機会にぜひ手に入れてくださいね♡

バッジとカードはこんな感じ♡

どちらも凛々しく素敵です!

『東山動植物園みんなで応援募金』は一口500円で可愛い東山オリジナルの応援カードと特製ピンバッジをプレゼントしております。
寄付していただきましたお金は動植物の保護・育成、動植物園の整備のため大切に使わせていただいております。
動物・植物の未来を守り、繋いでいくために、なにとぞご協力をよろしくお願いいたします。


管理課業務係  松本 紗季


雪の中の動物たち(2)

8cmくらい?

おととい降った雪は、もうほとんど溶けてしまいました。
来週も降るのかな・・・?

雪の中の動物のお写真を、もうちょっとだけご紹介します。

ホッキョクグマ

アクシスジカ

ホンドタヌキ

見ているのは、私ではなく飼育員さんです。

ペンギン

水の中にいます。

カピバラ

雪の上をよけているようです。

チンパンジー

雪を食べながら、片手に雪を持っています。

ソマリノロバ

軽快に歩いています。

アジアゾウ

口の周りがぬれています。(雪食べた?)

アメリカバイソン

雪の上でくつろいでいます。


動物たちは、それぞれ雪の日を楽しんでいるようでした。


管理課業務係  市川 はるか


するどい眼差しの花壇

イケメンゴリラとしてシャバーニが人気ですね。
がっちりとした体格もさることながら、きりっとした目がイケメンゴリラと呼ばれる所以なのではと私は勝手に思っています。

さてさてみなさま、植物園でもきりっとした視線を感じられるんですよ!
すでにご覧になった方も多いのではないでしょうか?
立体花壇のイワトビペンギンが、タイトル通り「鋭い眼差し」となっています!!

…まだ花が揃いきっていないのでわかりにくいかも。
今後の成長に期待ですね。
おそらく桜の季節に一番熱い視線を放ちそうです。
植物園門入ってすぐ、人気の撮影スポットです♪

もちろん本家のイワトビペンギンもかっこいい!

こちらはペンギン舎にてご覧いただけます。
ペンギン舎には他のペンギンもたくさんいるので、飾り羽に注目して探してみてね。

○お知らせ○
植物園では見ごろの植物の情報を花マップで提供しています。
ご来園の際はぜひご利用ください。

★花マップ★


植物園指導園芸係  高木 彬


RSS 2.0 Login