東山動植物園オフィシャルブログ

すみません、遅くなりました!

「スズナ」です。よろしく

先月10月末日よりニホンカモシカ舎ではメスのカモシカを公開しております。

長野県は飯田市立動物園より来園しました「スズナ」です。

東山にきてまだ日が浅いためまだまだ警戒心むきだしですが、ゆっくりとここでの生活に慣れてくれればと見守っています。

ご紹介が遅くなりどうもスミマセンでした。


動物園飼育第一係  小林 隆志


世界に一つだけの…

ニホンカモシカ舎の周辺ではよく「あっ、オオカミ〜」という声が聞こえてきます。ふと眼をやるとそこにはニホンカモシカの「ゴロ―」君がいます。「オオカミじゃなくてカモシカなんだけどなぁ」と思う反面、体の大きさや毛色などオオカミっぽく見えなくもない事に気づかされます。

次に多いのが「あっ、ヤギ〜」という声です。こちらは当たらずといえど遠からずと言ったところでしょうか。カモシカは偶蹄目ウシ科カモシカ属に分類されウシ科の中でもヤギに近いとされています。

「カモシカ?シカなの?」という声も聞こえてきますがシカは毎年角が生え替わるのに対してカモシカの角は生え替わることがありません。

間違えないでね!

オオカミ、ヤギ、シカ…いろんな動物に間違われてしまっていますがニホンカモシカは本州、四国、九州にのみ分布する日本固有種の動物で、国の特別天然記念物に指定されているオンリーワンな動物です。


動物園飼育第一係  小林 隆志


雪の中の動物たち

今日は、雪かきをしました!

あと少し!

つながった(^o^)

コサラ像にも雪が積もるよ〜

午前中いっぱい雪かきに熱中しました。

雪かき中に撮った動物の写真を少しだけご紹介します。

チャップマンシマウマ

アミメキリン

雪が気になるようす

ニホンカモシカ

元気に走り回っていました。

ライオン

雪がないところを選んでいるような?

アジアゾウ

雪をふきあげたり・・・

アジアゾウ

鼻で抱えて歩いていました。

カンガルー

人間が雪の上を歩く音が気になるようです。

古代池

恐竜像にも雪が積もっています。

インドサイ

雪が気になる?

マレーバク

歩き回っています。

ニシローランドゴリラ

シャバーニが様子をみています。

チンパンジー

雪を食べています。

アフリカゾウ

丸めた雪を作っていました。

カバ

朝のごはんタイムです。

ヤブイヌ

箱の中でくっついています。

園路の雪はだんだん溶けていますが、滑りにくい靴や動きやすい服装でお越しください。


管理課業務係  市川 はるか


ニホンカモシカの「メイ」が死亡しました

4月7日にニホンカモシカの「メイ」が肺炎のため死亡しました。
「メイ」は2月10日より体調不良となり室内で療養を続けておりました。
その後回復の様子が見られ、運動場での展示を再開しようとしていた矢先の訃報に非常に残念でなりません。

10年の間皆様にはメイを可愛がっていただき、どうもありがとうございました。


動物園飼育第一係  小林 隆志


衣替え

6月に入りニホンカモシカも衣替えをしています。
寒さから体を守るためのモコモコとした毛が抜けはじめ、今はまだ途中ですが夏の前までには換毛も終わり、涼しそうな姿になります。

抜けた毛はこのような感じです。

動物園飼育第一係  山岸 景子


RSS 2.0 Login