東山動植物園オフィシャルブログ

[80th]新ゴリラ・チンパンジー舎 工事現場見学会について

いよいよ3月18日から80周年記念事業がスタートします。新ゴリラ・チンパンジー舎の完成はまだまだ先ですが、80周年期間中に工事現場見学会を開催します!

○日時
 3月26日(日)13時から15時
 4月9日(日)13時から15時

○集合場所
動物園北園のフクロテナガザル舎前。
(現ゴリラ舎から階段を降りた場所です)

○見学方法
工事現場内の安全エリアから遠目に見学していただきます。

工事現場ですので足元は砂利敷きです。歩きやすい靴でご見学ください。
せっかくの機会ですので、どしどしお越しください!!

ちなみに、工事現場の最近の状況はこんな感じです。
1月〜3月上旬まで屋外展示場の軟弱地盤を改良しました。

地盤改良しています

新獣舎はコンクリートの壁・床・天井が完成しました。

観覧通路になります

建物内部は今回ご覧いただくことができません。

工事現場見学会でお待ちしています!!


再生整備課  中村 直嗣


アフリカの森エリア 新ゴリラ・チンパンジー舎の整備

新ゴリラ・チンパンジー舎の完成に向けて、いろいろと検討することがあります。
今回は、屋外展示場のタワーの検討についてご紹介します。

新施設では、ゴリラもチンパンジーもタワーを整備して、立体的な飼育環境を実現したいと考えています。

タワーのイメージはこんな感じです。

パース図です

設計図を元に模型を製作しました。

立体になりました。

ロープの張り方を検討します。

どんな風に張ろうかな…?

みなさん真剣です。

新施設の完成をお楽しみに!!


再生整備課  中村 直嗣


寝床いろいろ

以前、ブログでチンパンジーが寝床(専門的にはネストと言います。)を作ることを書きました。今回も寝床に関係する内容です。
 
今回はこれです!

じゃじゃん!!

何かわかりますか?
麻袋です。

早速この麻袋をどのように使うのか見ていただきたいと思います。



余談ですが、麻袋をよくご覧ください。
ブラジル、コロンビア、グアテマラと外国の名前が書いてあります。
この袋はコーヒー豆を輸入する時に使っていたものです。1月に春日井市にあるコーヒー工場からいただいてきました。今まで使ってきた麻袋は無地でしたが色も文字も違う麻袋、チンパンジー達にはどう映っているでしょうか?

新品はコーヒーの香りもしています。ただ、眠れなくなっては困りますが…(;^ω^)


飼育第二係  近藤 裕治


塩ビ管フィーダー 改

 チンパンジー舎ではいくつかのエンリッチメントを行っています。その中から今回は塩ビ管を使ったフィーダーを紹介します。
 塩ビ管フィーダーは以前からエンリッチメントアイテムとして使っていました。水道工事などで使用する塩化ビニル製の管に小さな穴を開け、管の中にヒマワリの種や落花生等を入れておくとチンパンジー達が管を振る等して穴から餌を取り出すというエンリッチメントアイテムです。しかし、利口なチンパンジー達は中の餌を簡単に出してしまいエンリッチメントの効果が少ない状況になっていました。そこで、飼育員も考えたわけです。
 太い塩ビ管の中に一まわり細い塩ビ管を入れ二重構造にし、難易度が少し上がった“塩ビ管フィーダー 改”を生み出しました。

なかは二重

これで少しはチンパンジー達の有意義な時間ができることを願っております。

 最近はワンパク振りばかりが目立つリキですが今回の動画ではかわいい姿がご覧いただけます。




動物園飼育第2係  近藤 裕治


アフリカの森エリア 新ゴリラ・チンパンジー舎の整備

ご報告がすっかりご無沙汰になってしまいました。m(__)m
新施設の姿が段々と見えてきましたので、まとめてご報告します!!。

 10ヶ月前(平成28年2月)にご報告したときは、旧施設を撤去しているところでした。こんな感じ。

その後、5月には撤去・造成工事が完了しました。

6月からは、建築工事がスタート。しょっぱなの基礎工事では、長さ25mのコンクリート杭基礎を地中に施工しました。

8月からは建物を立ち上げていきます。11月時点でこんな感じです。

新施設の完成をお楽しみに!!


再生整備課 中村直嗣


RSS 2.0 Login