東山動植物園オフィシャルブログ

サル舎 秋の味覚

アレチヌスビトハギ。漢字で表記しますと荒れ地盗人萩となります。北米原産マメ科の多年草で、日本にはもともと近縁のヌスビトハギが自生しており、私の子どものころはこちらが一般的だったようでしたが、近年この帰化植物のほうが勢力を広げてきているようで、荒れ地でない園内でも普通に見かけることができます。
アレチヌスビトハギの種子はいわゆる「ひっつき虫」の仲間で、この季節、草むらや路傍を歩いたとき、知らないうちにズボンやスカートにひっつかれ困った経験をたいていの方はお持ちではないかと思います。
 

アレチヌスビトハギ

前ふりが長くなりましたが、このアレチヌスビトハギの葉や種子をサル舎のサルたちに与えると皆好んで食べます。ただ、サルたちは全身体毛におおわれていますから、当然アレチヌスビトハギの種子にとって、かれらは格好のカモになります。しっぽや手足に種子をくっつけながらも無心に食べている様子はなかなかほほえましい光景です。体にくっついた種子もその後、口や指を使い食べてしまいましたので、採食に時間をかけるエンリッチメントの効果もありそうです。
秋の深まりとともに、この後、葉も種子も落ちてしまいますので、今だけ楽しめる秋の味覚です。

エリマキキツネザル

サバンナモンキー

ヒゲサキ

動物園飼育第二係  澁谷 康


サル舎B棟一時非公開のお知らせ

北園サル舎B棟(フクロテナガザルの隣)のサル達がしばらくの間ご覧いただけなくなります。
サル舎B棟は老朽化が激しいので、柵の強度を強くしたり、部屋の塗装をキレイにしたりと改修工事を行う必要があり、その間おサルさん達には引っ越ししてもらいます。

引っ越し先はお客様からは見えない所になるので、しばらくの間は寂しいと思いますが我慢して下さいね。

引っ越しするサルは、シシオザル、クロザル、アビシニアコロブス、サバンナモンキー、ブラッザグエノン、エリマキキツネザルで、エリマキキツネザル以外はご覧いただけなくなります。

シシオザル

アビシニアコロブス

クロザル

公開中止期間は12月8日から4月末までになります。
しばしのお別れの前に皆さんおサルさん達に会いに来てあげて下さい!

ブラッザグエノン

サバンナモンキー

エリマキキツネザル

また展示再開日については、詳しく分かり次第お知らせしますね。

動物園飼育第二係  原 真実


サバンナモンキーの赤ちゃん

5月24日生まれのサバンナモンキーの赤ちゃんがだいぶ大きくなってきて、毛色もサバンナモンキーらしくなってきました。性別もオスと判明しました。母親から離れて遊んでいることも多くなってきたので、ぜひサル舎B棟まで見に来てください。

動物園飼育第二係  山本 光陽


今年も!!!

サバンナモンキーの赤ちゃんが今年も生まれました!

例年より少し遅かったのもあり、今年は生まれないかと思っていましたが、5月に入って急にお腹が目立つようになり、5月24日の朝にサル舎B棟へ行くとお母さんのお腹に丸い物体が!?

ベテランお母さんなので、特に問題もなく順調な様子です。
まだお母さんがしっかり抱きかかえているので見えにくいですが、とても可愛いのでぜひ見に来て下さい!


動物園飼育第二係  山本 光陽


節分の日に

2月になり、少しですが春の気配を感じるようになりました。

2月3日、北園のサル舎B棟のサバンナモンキーの家族に新たな一員が加わりました。

まだまだ寒い日は続きますが、家族の力を合わせて冬を乗り切ってほしいです。


動物園飼育第二係  小林 隆志


RSS 2.0 Login