東山動植物園オフィシャルブログ

チャーリー、いってらっしゃい!

6月3日、コアラのチャーリーが繁殖に取り組むため、横浜市の金沢動物園へ転出しました。
チャーリーは母親のティリーがオーストラリアから来て日本で初めて産んだ子どもであり、父親のアーチャーが最後に残してくれた子でもあります。


お母さんの袋から出た頃


お母さんと


幼い頃はちょっとした物音に驚いて木の上で固まってしまったり、ユーカリの枝が触れただけでびっくりして大暴れ…などということがしばしばあり、他のコアラたちよりも繊細さを感じることが多いコアラでした。こんな調子で大丈夫かなとずいぶん心配もしましたが、少しずつ経験を重ね、最近ではかなり落ち着いてきた様子で、安心して見ていられるようになっていました。

とは言ってもやはり繊細さは残っており、4月中旬から隣の部屋でメスたちの同居を始めたところ、メスたちが争う声が聞こえる度に緊張してしまい、なかなか落ち着きませんでした。横浜への移動も控えていたことから、バックヤードでの飼育に切り替えそのまま転出となりました。転出前に皆さんにチャーリーの顔を見ていただくことができなかったのが少し残念です。

現在2歳でまだまだ幼さも残る年齢ですが、体格もかなり大きく、立派なオスに成長したなと思います。生まれた時から見てきて心配もした分、見送るときはちょっと感慨深いものがありました。元気に新しいステップへ送り出すことができてよかったです。


すっかり大きくなりました


横浜でも人気者になり、たくさんの子どもたちを残してくれることを願っています。

チャーリー、元気でがんばれよっ!

動物園飼育第一係  山部 桂子


初めてのコアラ担当

4月から動物担当異動で、コアラの担当になりました。
コアラの飼育担当になるのは初めてです。
どんな仕事なのでしょうか・・・?

コアラは皆さんも知っていると思いますが、ユーカリしか食べませんね。
このユーカリなのですが、何種類あるか知っていますか?
なんと600種以上と言われているそうです。
この中でコアラが食べるのは約30種類くらいらしく、現在東山動植物園では20種類ほどを餌としているそうなのです。

その中で、毎日3~4種類を餌として与えているのですが、正直まだ全然区別がつきません。
与えるときは、先輩から今日はプンクとカマとテレ(←ユーカリの種類の略語です)と教えてもらい木の枝を入れていきますが、難しいのは朝なのです。
コアラが食べるときに少し落としてしまうので、前日に与えたユーカリの葉っぱが地面に散らばっています。


(こんなふうに朝葉っぱが落ちているのです)


これを1頭ずつ分けて拾いチリトリに入れていくのですが、落ちた葉は枝のときよりももっと見分けがつきません。
昨日入れたユーカリの名前を再度聞いて、特徴を聞き、手のひらに書いて忘れないようにして、チリトリに種類ごとに分けて拾っていきます。


(先輩に葉の特徴を聞いて間違えないように手のひらに書いておきます)


これが結構大変で、先輩たちはひょいひょいと拾っていくのですが、私は1枚ずつ確認しながらでないと・・・


(この日は4種類のエサでした)


(1種類ずつ計測します)


拾ったものは計量し、コアラたちがどれくらい食べたかを毎日記録していきます。

現在東山動植物園のコアラは7頭います。
この名前と顔はすでに覚えた?のですが、ユーカリについてはまだまだまだまだこれからです。


動物園飼育第一係  大津 尚史


コアラの親仔

コアラ舎の一番出口寄りの部屋で過ごしているティリー&ピーター親仔をもうご覧になっていただけましたか?仔のピーターは、もう完全に袋の中には入れない大きさに成長し、母親のティリーにくっついて生活しています。開園時間中は、ティリーに抱かれて丸くなって眠っていたり、ティリーの背中に乗って移動したりする姿を見ることが多いかもしれませんが、ビデオチェックによる夜間の観察では、ティリーが寝ている間にひとりでモリモリとユーカリの葉を食べたり、木の上を活発に登り降りしたりすることもあるんですよ。

ピーターは、昨年の3月に生まれ、まもなく1歳。コアラにとって1歳は、親離れをする年齢です。ピーターももう少しして春を迎える頃には、ティリーとは別の部屋へ移動させる予定です。あと1ヵ月前後かな…?親仔での展示が見られるうちにぜひコアラ舎へ足を運んでくださいね。



動物園飼育第一係  茂野 寛生


動物園エリアの再開に向けて

休園の期間中、お電話・お手紙・メール・ツイッターなどで多くの応援や励ましのお言葉をいただいております。
この場をお借りしてお礼を述べさせていただきます。
みなさまの温かいメッセージに、皆、元気づけられるとともに、作業の疲れも癒される思いです。
本当にありがとうございます。

現在は、職員一丸となって、動物園エリアの再開を目指して防疫作業をすすめているところです。

獣舎まわりはもちろん・・・

園路も念入りに・・・

消毒作業を行っています。

年内の開園は厳しい状況で、クリスマスを含む、年末に予定していた動物園エリアでのイベントは中止とさせていただきました。
楽しみにされていたみなさま、本当に申し訳ございません。

東山動植物園の高病原性鳥インフルエンザの発生についての経緯はコチラをご覧ください。

なお、ゾウ・コアラ・ゴリラなどの園内の動物たちはみな元気に過ごしております。
一日でも早くお客様に安心してお越しいただけるように再開を目指して頑張っていますので、今しばらくお待ちください。


動物園長 黒邉 雅実


コアラの名は。

今年3月に生まれたコアラの赤ちゃん。

11月19日から12月4日まで愛称募集を行っていました。
5つの候補から選んで投票してもらう方法で、多くの方が参加してくださいました。

ありがとうございます。

今日コアラ舎で行う予定だった命名式で、一番たくさん票を集めた愛称を発表するはずだったのですが、、、
中止となってしまい、ごめんなさい。

かわいい姿も見ていただきたかったので、動画で発表しようと思います。


どうぞ、ご覧ください。




ちなみに、5つの候補は<コチラ

たくさんの投票、ありがとうございます!


管理課業務係  早川 理英


RSS 2.0 Login