東山動植物園オフィシャルブログ

アジアゾウ舎の砂山

 アジアゾウ舎で土砂の入れ替え工事が行われました。
 砂の山も作ってりんごなどを隠したりもしました。
 すぐに山はなくなってしまいましたが、これからも時折小山を作る予定なので、またゾウたちが山の砂で砂浴びをする姿を見ていただけるかもしれません。





動物園飼育第一係  戸嶋 康伸


アジアゾウのさくら順調に成長中!?

さくらは1月29日で4歳になりました。
久しぶりにさくらに会いに来てくれたお客さんから「大きくなったね~!」と言われます。そうです。大きくなっています。
生まれたときは130㎏だった体重がもうすぐ2000㎏に達します。そして、気がつけば体高も180㎝程度あり、私の身長をはるかに超えています。


さくらの成長曲線


一般にゾウは1日に1㎏ずつ成長すると言われていますが、さくらの場合、1日当たりおよそ1.2㎏のペースで増加しています。
肢出しや横臥などのトレーニングもどんどん覚え、順調に成長しているようで何よりなのですが、まだ、母親アヌラのおっぱいを吸っています…。
そろそろ乳離れしてほしいと願う今日この頃です。


さくら



動物園飼育第一係  辻 信義


アジアゾウのさくら

1月29日(日)はアジアゾウさくらの誕生日でした。
さくらは東山動物園で初めて生まれたアジアゾウで、今年で4歳になります。

産まれた当時は「130㎏」程でしたが、4歳の誕生日に体重測定をしたところ、「1,935㎏」もありました。お母さんのアヌラの体重が「3,080㎏」ですからかなり大きくなったことがわかります。
ですが、さくらはいまでも不安になるとアヌラのおっぱいに吸い付いて心を落ち着かせています。またアヌラもさくらが不安になって声を出すとすぐにさくらの下に駆け寄ってきます。
そろそろ離乳の時期ですが、まだまだ甘えん坊のさくらです。


運動場から屋内を窺うアヌラ・さくら親子


屋内のアヌラ・さくら親子


さくらにいただいた誕生日プレゼント


動物園飼育第一係  木村 幸一


雪の日のアジアゾウ

先日、雪が積もった時のワルダーとアヌラ・さくら親子の様子です。

親子にいたってはプールにも入っていました。風邪をひかないか心配になってしまいます。

ワルダー(メス)

アヌラ(メス)・さくら(メス)親子

プールの後はいつもの砂あび


動物園飼育第一係  戸嶋 康伸


[80th]ズーボが行く!「アジアゾウ舎の片隅で・・・」

今日の気になることは、、、
アジアゾウ舎のバックヤードをお散歩していると不思議な光景が・・・何してるの!?谷飼育員オシエテ!!

足の裏見えてるよ!?

<ズーボ>
ズーボですです。こんにちは。
これは何をしているの?
<谷さん>
アヌラの爪のお手入れをしてるんだよ。

お手入れ中

<ズーボ>
すごいなー。足の裏初めて見たよ。
「足上げて」って言うとちゃんと上げてくれるんだね。
言葉がわかるのかな・・・?
<谷さん>
トレーニングしてるからね。言葉の意味がわかってるわけじゃないけど、音や動作の流れをちゃんと覚えているんだよ。
<ズーボ>
そうなんだ!厳しいトレーニングなの・・・?
<谷さん>
トレーニングっていうと大変そうに聞こえちゃうかな・・・。声をかけたり、おやつをあげたりしながらコミュニケーションを重ねてるってことだよ。
<ズーボ>
そっか、仲良くなるってことなんだね。よかった!
たくさん道具があるね。

<谷さん>
これは爪を削るヤスリ。野生のゾウは歩いているうちに自然と摩耗していくけど、飼育下では歩く量も限られてしまうから人の手で削るんだよ。

こっちは、人でいうと‘甘皮’に使うもので、左右で形が違うんだ。他にもハサミみたいなものやブラシや保湿剤も使うよ。
<ズーボ>
すごくきれいにするんだね。
<谷さん>
足には命に関わる大切な役割がいくつもあってね、振動からいろいろなことを察知したり、重い体を支えたり。
それに、爪の周りにはたくさんの汗腺があるんだよ。
だから、足の裏のチェックとお手入れは念入りにしなきゃいけないんだ。

しっかりチェック

<ズーボ>
ピカピカになったね。
「人気動物足の裏ベストテン」があったら、きっと1位だよ!

うれしいよーな、そうでもないよーな。。。

<谷さん>
・・・。
あ、ありがとう。
とりあえず、やったー!!

では、またまた。
(秘書:ズーボはジャンプブームなのかな・・・?)


ズーボ&ズーボ秘書


RSS 2.0 Login