東山動植物園オフィシャルブログ

ワタボウシパンシェのオスが展示に加わりました

自然動物館で飼育しているメスのワタボウシパンシェの展示室に新しく3歳のオスが加わりました。同居に向けて数回お見合いし、現在2頭仲良く過ごしています。今後繁殖が望まれるところです。


手前が新しく来園してきたオス


いつも仲良く2頭が寄り添っています


動物園飼育第二係  藤谷 武史


デビュー

今年5月10日に生まれたインドシナウォータードラゴンの子供が自然動物館2階の爬虫類コーナーで展示デビューしました。



どこにいるか分かるかな?


*3匹いるよ

親も近くで展示されているから、探してみてね


動物園飼育第二係  鈴木 伸子


アカメアマガエルの展示水槽は雨 

昨年4月に産卵したアカメアマガエルですが、今年も産卵してもらおうと、現在展示水槽内は「雨」を降らしています。雨といっても、床面に溜まった水をポンプでくみ上げて、シャワーのように葉っぱに降らして循環させているだけです。この環境が自然界での雨季を再現し、アカメアマガエルの産卵を促します。時折抱接している姿も展示水槽内で見ることができます。昨年同様、産卵してくれるのを期待しています。


抱接するアカメアマガエル


動物園飼育第二係  藤谷 武史


透明標本の展示

自然動物館2階で6月まで展示していたイモリやカエルの透明標本。
最近、また展示を始めたので少しお見せします。


ツチガエル


スペインイボイモリ


生体と標本が一緒に見られるのは珍しいみたいです。見に来てね~。

動物園飼育第二係  鬼頭 美妃


それは・・・、違うんですよ。

北園の自然動物館2階の爬虫類コーナーの、とある展示の前で来園者の声がよく聞こえます。

「ヘビだ!」「ヘビヘビ」



そのまま説明看板を見ずに通過されますが、ちょっとまってください!!

その動物の名前は…

「バルカンヘビガタトカゲ」

そうです、“ トカゲ ”なのです!

大切な事なのでもう一度。

“ トカゲ ”なのです!!

確かにヘビのように足がないですが、ヘビにはない、【まぶた】を閉じて寝ている姿も見られます。
皆さんにも、一度じっくりとその姿をご覧いただきたいです。



動物園飼育第二係  安藤 和典


RSS 2.0 Login