東山動植物園オフィシャルブログ

777ページ目

自然豊かなインドネシア

動物会館で開催中の特別展「インドネシアの自然と動植物展」はもうご覧になられましたか?
この特別展は日本とインドネシアの国交50周年を記念して動物会館にて開催しています。

インドネシアの豊かな自然に育まれた「生物多様性」について、より身近に感じる事ができると思います。
5月3日には動物会館レクチャーホールにて「インドネシアの動物 メダカからゾウまで」の統一テーマで「スラウエシ島のメダカについて」と「スマトラ島の動物たち」の2題の記念講演も開催されるので、ぜひこちらもお越し下さい!

動物園指導衛生係 永田 祐二


ペンギン島の新人(?)紹介

フンボルトペンギンが3羽新しく仲間入りしました。
1羽は、神戸の王子動物園から、あと2羽は宮島水族館から来ました。3羽とも、オスです。

これで、東山にいるフンボルトペンギンは、16羽になります。
オス8羽、メス8羽で同じ数になり、うまくいけば、8ペアで繁殖できるようになります。

これで毎年、数羽のヒナが見られるようになるかも?!


動物園飼育第一係  湯川 正幸


アネハヅルの春

鶉鶏・ツル舎のアネハヅルは、小型の美しいツルです。
ボルガ河口〜中央アジアに生息しています。

当園では、2ペアのアネハヅルを飼育しています。
これから恋の季節(繁殖期)に入ります。
これまでに1回繁殖に成功したのみです。
今年こそ成功させたいと思います。


動物園飼育第二係  西尾 金由


タケノコすくすく

タケノコがすくすくと育ってきています。
一日に最高で5cm伸びた日もあります。
是非見にいらしてください。


植物園緑地造園係  前田 奈津


トレーニング始めました

27日より「コアラの森のさんぽ道」がオープンします。
「さんぽ道」とネーミングされていますが、森の小道を散策できるわけではないのでご注意を。
この施設への展示は昨年より春秋限定で数日間行っているもので、コアラを自然に近い状態で、しかもガラスなどは無くして生のコアラを観ていただこうというものなのです。

が、当のコアラ達は慣れない環境に加え、来園者の歓声などに驚いて木の上の方まで上ってしまいほとんど見えないというのが現状です。
しかも今年は環境慣れしたベテランコアラのウッドランドが他園に移動中で不在なので、弟のティムタムをデビューさせなくてはなりません。

トレーニングはまず静かな休園日に短時間から始め、徐々に時間を延ばしていくのですが、この時期は毎年天候が不順で今年も思うように進んでいません。
今週やっと行うことができましたが、落ち着かず樹上7mくらいまで上ってしまい、風がやや強く木が揺れたこともあって降りることも出来ず、結局その場で固まってしまいました。

不安げに声を上げるティムタムに呼びかけ、なだめながら30分かけてなんとか降ろしましたがこの先が思いやられます。

このように私達担当者も来園者の皆様に楽しんでいただけるよう努力しておりますが、コアラの体調や、また晴天でも気温、風の強さなどによっては屋外展示が急遽中止になってしまうことがあるかもしれません。
どうぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。


動物園飼育第一係  伊東 英樹


RSS 2.0 Login