東山動植物園オフィシャルブログ

4ページ目

カワヒガイの繁殖

「ヒガイ」
あまり聞きなれない名前の魚ですが、コイ科ヒガイ属の日本産淡水魚で、世界のメダカ館では自然生態ゾーンで飼育・展示しています。



名前の語源は、やせて弱々しいことを表す「ひがいす」という方言に由来するとの説があります。また、漢字では「鰉」と書きますが、これは明治天皇が好んで食されたことから「魚」へんに「皇」という字が当てられました。

ヒガイはタナゴの仲間と同じように、二枚貝に卵を産みつける独特の方法で繁殖します。世界のメダカ館でも、卵を産むためメスの産卵管が伸び、オスもメスを追う様子が見られたためイシガイやドブガイを水槽に入れて自然繁殖を狙いましたが、なかなか産卵してくれませんでした。そこでタナゴの仲間ではすでに人工授精による繁殖に成功していたので、その技術を使ってヒガイの人工授精を行いました。



ふっくらと膨らんだメスの腹部を軽く押すと、直径2.5㎜ほどの円に近い楕円形の卵が出てきます。産卵後しばらくすると4㎜ほどの大きさに膨らみ、形もまん丸になります。オスも同じように腹部を押して、出した精子を卵にかけ受精させます。その後、毎日水換えし、無性卵や中止卵を取り除くなど清潔な状態で管理すると、10日程でふ化します。ふ化した稚魚は1cmほどの大きさで、すぐに餌を食べ始めます。



今回行った人工受精では受精率が低く、8匹の稚魚しか得ることが出来ませんでしたが、この経験を元に繁殖技術を向上させていきたいと思います。このように世界のメダカ館のバックヤードでは、日々試行錯誤しながら魚たちの命を次世代に繋げるための様々な取り組みを行っています。


動物園飼育第二係  佐藤 正祐


暑さ残る中、秋近し

夏休みも残すところ後わずか。
まだまだ残暑厳しい植物園では秋の訪れを感じさせてくれる植物が宿根草園で見られるようになってきました。
「ナンバンギセル」です。


博物館実習生Y.Mさんのお手製看板


なので説明文は省略させてもらいます(笑)


見頃を迎えた「ナンバンギセル」


角度を変えて見ると


花に誘われ、吸い込まれていく虫


つぼみ


是非、季節の移り変わりを感じに植物園、宿根草園に足を運んでみてください。他にも季節を感じる植物を探してみるのもいかかでしょうか・・・
ナンバンギセルはススキの根元を探してね!

○お知らせ○
植物園では見ごろの植物の情報を花マップで提供しています。
ご来園の際はぜひご利用ください。


植物園指導園芸係  鹿嶋 数一


真夏のホッキョクグマ

なんとなく夜の風が涼しくなってきたような気がしますが、まだまだ日中は暑い日が続きますね。
ホッキョクグマのサスカッチも色々と涼を取りながら、夏バテもせず餌もしっかり食べて過ごしています。
プールに入って遊んでみたり、クーラーの効いた室内で寝ころんでみたり・・・
サスカッチも若くないので、無理をさせないようゆっくりと夏を過ごしてもらっています。



動物園飼育第一係  渡邊 敬一


それは・・・、違うんですよ。

北園の自然動物館2階の爬虫類コーナーの、とある展示の前で来園者の声がよく聞こえます。

「ヘビだ!」「ヘビヘビ」



そのまま説明看板を見ずに通過されますが、ちょっとまってください!!

その動物の名前は…

「バルカンヘビガタトカゲ」

そうです、“ トカゲ ”なのです!

大切な事なのでもう一度。

“ トカゲ ”なのです!!

確かにヘビのように足がないですが、ヘビにはない、【まぶた】を閉じて寝ている姿も見られます。
皆さんにも、一度じっくりとその姿をご覧いただきたいです。



動物園飼育第二係  安藤 和典


夜の太陽

ナイトズーが終わりました。
暑い中遅くまで頑張ってくれた動物たちにまずは感謝です。



特にライオンの「サン」はとても活躍してくれたように思います。




サンが歩くだけで来園者からは歓声が上がり…。



サンが吠えると拍手がわき起こる。
夜の暗闇にも負けない太陽のような存在。
まさに「百獣の王」の貫禄を見せてくれました。

サン、本当にありがとう!


動物園飼育第一係  小林 隆志


RSS 2.0 Login