東山動植物園オフィシャルブログ

3ページ目

ズーボ、セントレアに再び!!

つい先日、中部国際空港セントレアで開催されたエアアジア就航記念式典にお呼ばれしたズーボが再びセントレアに、、、。

大きくなったり、小さくなったり、大きさはいろいろなズーボですが、今回は小さなズーボがセントレアに飾られるエアアジア・ジャパン×東山動植物園コラボレーションクリスマスツリーのオーナメントとして登場します。



東山動植物園のぬいぐるみを使用したオリジナルオーナメント


エアアジアロゴ入りマフラーを身に付けたキュートなズーボは必見!東山では見られません!!
このクリスマスツリーは、なんと高さ4m、旅客ターミナルビル3階中央部にて、平成29年12月25日まで見られます。


クリスマスツリー(イメージ)


このクリスマスツリー、平成29年11月18日に点灯式があり、大きなズーボとセントレアオリジナルキャラクター『なぞの旅人フー』も登場予定です。
楽しみだね、ズーボ。


「なぞの旅人フー」


ぜひ、素敵なクリスマスツリーをセントレアに見に行ってくださいね♪

点灯式のご案内
■日時 平成29年11月18日(土)12:30~13:30頃
■場所 旅客ターミナルビル3階 中央部(クリスマスツリー設置場所)
■内容 クリスマスツリー点灯ならびにフォトセッション

管理課業務係 ズーボ秘書部隊


平成29年度花いっぱいプロジェクト春花壇の植え付けを行いました

11月11日(土)に植物園お花畑で「花いっぱいプロジェクト」春花壇の植付を行いましたのでご紹介いたします。

今回、ご協力・ご参加いただきましたのは、以下の8社・4団体(2学校含む)の皆様です。
当日は全体で600名程と過去最大の参加人数となり、ビオラとチューリップを主とした花壇の植付を行っていただきました。

参加企業・団体様
★参加企業(敬称略・五十音順)
・荏原環境プラント株式会社
・株式会社NTTドコモ
・大有建設株式会社
・中部リサイクル株式会社
・豊田通商株式会社
・トヨタ紡織株式会社
・西日本電信電話株式会社
・ホーユー株式会社
★参加団体(学校含む)
・愛知淑徳大学園芸同好会
・愛知淑徳中学校
・国際ソロプチミスト名古屋‐栄
・チャレンジド(農業就労推進協議会・有限会社角田ナーセリー・有限会社エイチアンドエルプランテーション)

天気予報では土曜はずっと雨マーク。ドキドキしながら当日を迎えましたが、朝には雨も上がり、良い天気のなか植付を行うことができました。


見事に晴れました


今回植えていただいたのは、ビオラ約9600株とチューリップ約5000球。
いつもと比べ、球根の植付もあるので、大変な作業です。


カラフルに花壇が彩られます


球根もあるから大変です


皆様の頑張りもあり、約1時間程度で植付を終えることができました。


最後にみんなで記念撮影


朝晩だいぶ冷え込み、園内の紅葉も色づきが鮮やかになってきました。見頃まであと少しといったところでしょうか。

チューリップの開花は春までお預けですが、ビオラは既に花をいっぱい付けています。ぜひ紅葉と合わせ、こちらもご覧いただければと思います。

ご参加いただきました企業・団体の皆様、ありがとうございました。


植物園緑地造園係  橋本 桂佑


ブンタ現状報告(これな~んだ?)

ちょっと前の話ですが、夕方にブンタを室内に収容し、さて運動場の掃除をしようと始めた時、なにやら石でもなく骨でもなくモノを発見しました。



よく見るとなんと歯!ブンちゃんの歯が抜け落ちているではないですか!



そのあと獣医さんに部位の確認をしてもらったところ、奥歯の臼歯で下が浅いので乳歯ではという診断でした。
こういうのを見つけると、ブンタも少しずつ成長してきているのだなと、つくづく思います。
でも、こちらに寄ってきて体をさすってやっている時の姿を見ると、まだまだ幼いなとも感じています。



動物園飼育第一係 小野 有宏


冬の始まり?

立冬の日は寒くもなく穏やかな一日でした。ヒグマの展示場を見にいくといつもは昼寝をしているか歩き回っているはずの「ピポロ」の姿が見当たりません。どうやら展示場奥の植栽の中にこもっているようです。しばらくするとシェルターのそばまで降りてきてくれました。



あっ!顔が泥だらけです。
収容の時間になったのでピポロを部屋に帰し展示場の様子を見にいきました。



あちこちに石や土が散らばっています。



展示場の奥にはピポロの頭がすっぽり入る大きな穴が掘られていました。毎年この時期になると野生の本能が冬眠の準備を促すのでしょうかピポロは穴掘りに邁進(まいしん)します(実際冬眠はしませんが・・・)。
それにしても半日足らずでこんな大穴を掘ってしまうヒグマのパワー・・・驚きです。

動物園飼育第一係  小林 隆志


どうぞ安らかに

在りし日のココ


先日、コツメカワウソの「ココ」が亡くなりました。
「ヒナタ」との仲良しコンビが話題で、2頭の仲睦まじい姿は本当に愛らしく「ズーボのオススメ」でも取り上げさせていただきました。
第一回カワウソゥ選挙においてはこのコンビで全国第9位に輝いたのが記憶にも新しいところです。
総選挙の効果もあってか、じわじわと人気も上昇、以前にまして多くのお客さまに見に来ていただいている・・・そんな矢先の訃報となりました。


本当に仲の良い2頭でした


生きとし生けるものは必ず終わりを迎えます。
そして、多種多様な動物を飼育している動物園においては、しばしば「いのち」の最期を目の当たりにすることになります。
正直言うと毎回、悲しいし、寂しいです。こればっかりは慣れるということはありません。
でも、こんな風にも思うんです。彼らの「いのち」には大きな意義があったんじゃないか、と。
ヒト目線のエゴかもしれませんが、動物園の動物たちはその人生を通して、大勢のお客様に動物に関する“興味”や“理解”はもちろん、「あっ」という“感動”や、素敵な“思い出”を残してくれていると思うんです。

亡くなる少し前となってしまいましたが、総選挙などの話題で「ココ」のことを広く知っていただけたのは、ある意味では幸運なことだったかもしれません。
ちょっとでも多くの人に笑顔や幸せな気持ちを届けることができたのですから。
コツメカワウソという種への興味をもっていただくことにも多少なりとも貢献できたのではないでしょうか。
また、公式SNSでも本当に大勢の方から追悼のコメントをいただいており、それらを見ても「ココ」は多くの人の心になにかを残してくれたのではないかと感じます。
この場を借りて、お礼を言わせてください。
たくさんのあたたかなコメント、ありがとうございました。


ちょっぴり悲しそうなヒナタ


相方がいなくなって寂しそうにも見えますが・・・ これからは「ココ」の分まで「ヒナタ」を可愛がってあげてくださいね。

最後になりましたが、大きな動物でも小さな動物でも、亡くなってしまったときに、その「いのち」に関わった人間が共通で思うことを、改めてとなりますが、言わせていただきます。

長い間、「ココ」を可愛がってくださり、本当にありがとうございました。

どうぞ安らかに。


管理課業務係  石川 恭之


RSS 2.0 Login