東山動植物園オフィシャルブログ

2ページ目

冬毛のオオカミ

オオカミは換毛と言って春と秋に毛が生え変わります。夏は毛が少なくなるので見た目スリムに、冬は毛が増えるので見た目大きくなります。寒い日が続きますが、冬はオオカミを見るには最高の季節なので暖かくなる前にぜひ見に来てください。



動物園飼育第二係  山本 光陽


旭山動物園のシンリンオオカミ

旭山動物園とのコラボイベントに参加しました。このイベントは平成29年度に開園50周年を迎える旭山動物園と、同じく80周年を迎える東山動植物園が連携して記念事業を実施することで、動物園を含めたそれぞれの地域の持つ魅力を互いにPRすることが目的です。


旭山動物園の正門


園内はすでに氷点下


旭山動物園内は、断続的に雪が降る氷点下の寒さでしたが、旭川冬まつり(2/7~2/12)開催中ということもあり、海外からの来園者も多く見られました。名物のペンギンの散歩のほか、戌年にちなんで「オオカミの森」も見学させていただきました。

旭山動物園のシンリンオオカミは東山の個体と比べると一回り大きく見えました。坂東園長によれば、旭山動物園のシンリンオオカミは体重が35~40kgあるそうです。ちなみに東山の個体の重さは30~35kgくらいです。同じ種でも体の中に脂肪をより多く蓄え、被毛の密度や長さを変化させて寒さに適応しようとする生命力の強さを改めて感じました。
シンリンオオカミは分布域が広くて個体数も多いことから、現在のところIUCN(国際自然保護連合)は絶滅の恐れがないとしていますが、亜種によっては個体数が少なくなっているものもあります。オオカミが絶滅してしまった地域では、シカなどの草食動物が増加し、森林の樹木などに被害がでるなどの問題が起こっており、オオカミは森を守っている大切な生態系の一員ですね。


旭山動物園のシンリンオオカミ


園内で雪の中の動物を堪能した後は、東山動植物園のPRブース、坂東園長とのトークセッションに参加しました。対談ではそれぞれの動物園の歴史や旭川動物園から動物交換でやってきたライオンのサンやオウサマペンギン、東山動植物園から贈ったキリンのマリモの思い出を懐かしく語り合いました。最後に聴講された方からの質問もあって有意義な時間を過ごしました。


東山動植物園のPRブース


トークセッション


さらに両地域を結ぶ旭川空港-中部国際空港の直行便の利用された方には3月18日までの限定ですが、特典もあります。詳しくは下記リンクをクリック。この機会に両園の魅力の違いに触れてみてはいかがでしょう。
東山動植物園80周年・旭山動物園50周年記念連携事業

動物園長  黒邉 雅実


寒い時期にこそ次への準備をする両生類

寒さもピークになって来たこの地方ですが、現在閉館中の自然動物館の両生類たちも次への準備をしています。次への準備とは、繁殖に向けての準備のことです。
日本に生息しているアズマヒキガエルは冬季に地中で冬眠していますが、この冬眠が早春になって繁殖できる鍵となります。冬眠することによって、オスやメスの体内のホルモンバランスが繁殖に向けての準備を行います。メスはお腹の中に卵を発達させますし、オスはメスの背中に抱きつくために前足の指の部分に黒く胼胝(たこ)のようなものができます。これは二次性徴といい、オスにのみ繁殖期の時に発達するものです。現在アズマヒキガエルは冬眠期に入っており、オスの二次性徴が見られるようになりました。
オスメス関係なく繁殖期に体の一部に変化が起こるものもいます。熱帯地方に生息しているサビトマトガエルは冬眠することはないのですが、活動が緩慢期になる乾季になることが繁殖に重要な気候変化になってきます。サビトマトガエルは現在乾季を再現しているので、オスメスともに目の下に涙を流したような斑紋が浮かび上がってきています。
繁殖に向けての準備が、着々とすすんでいます。開館したら見に来てください。


アズマヒキガエルのオス。指の一部に黒く角質化下部分が現れています。


サビトマトガエルのメス。目の下に涙を流したような斑紋が浮かび上がっています。


動物園飼育第二係  藤谷 武史


ハリネズミ 明るい!

 電気工事のため閉館中の自然動物館、夜行性エリアの照明がLEDに変わりました。昼を再現した照明点灯時には、倒木の下でハリネズミ皆が仲良くくっ付いて寝ている可愛い姿が見られます。午前10時以降に照明が消灯していくのですが、食後は数頭で走り回ったりしてよく動き回る姿を見ることができます。まだ工事が続きますが、春になったら是非会いに来てください。


くっついて寝ているハリネズミ。


活発に動き回るハリネズミ。


動物園飼育第二係  猿渡 一


秘湯? バクの湯

 今年の寒さは例年になく厳しいですが、皆さんはどうお過ごしですか?
 マレーバク舎では、床暖房と遠赤外線ヒーターはあるもののなんと室温が5℃を下回る日もありました。マレーバクは本来温かいところに住む動物なので、東山生まれ、東山育ちのヒサでもさすがに寒すぎます。
そこでちょっとでも快適にと思って、先輩のアドバイスをもとに寝室内でお湯を作ることにしました。部屋が広いので全体を暖めることはできませんが、お湯の周りにいるとほのかに温かいです。


 そして、2月7日はヒサ君の12歳のお誕生日でした。手作りのケーキをプレゼントして居合わせたお客様と一緒にお祝いすることができました。
 お祝いのお花もたくさんいただきありがとうございました。






動物園飼育第一係  大松 佳菜子


RSS 2.0 Login