東山動植物園オフィシャルブログ

どうぞ安らかに

在りし日のココ


先日、コツメカワウソの「ココ」が亡くなりました。
「ヒナタ」との仲良しコンビが話題で、2頭の仲睦まじい姿は本当に愛らしく「ズーボのオススメ」でも取り上げさせていただきました。
第一回カワウソゥ選挙においてはこのコンビで全国第9位に輝いたのが記憶にも新しいところです。
総選挙の効果もあってか、じわじわと人気も上昇、以前にまして多くのお客さまに見に来ていただいている・・・そんな矢先の訃報となりました。


本当に仲の良い2頭でした


生きとし生けるものは必ず終わりを迎えます。
そして、多種多様な動物を飼育している動物園においては、しばしば「いのち」の最期を目の当たりにすることになります。
正直言うと毎回、悲しいし、寂しいです。こればっかりは慣れるということはありません。
でも、こんな風にも思うんです。彼らの「いのち」には大きな意義があったんじゃないか、と。
ヒト目線のエゴかもしれませんが、動物園の動物たちはその人生を通して、大勢のお客様に動物に関する“興味”や“理解”はもちろん、「あっ」という“感動”や、素敵な“思い出”を残してくれていると思うんです。

亡くなる少し前となってしまいましたが、総選挙などの話題で「ココ」のことを広く知っていただけたのは、ある意味では幸運なことだったかもしれません。
ちょっとでも多くの人に笑顔や幸せな気持ちを届けることができたのですから。
コツメカワウソという種への興味をもっていただくことにも多少なりとも貢献できたのではないでしょうか。
また、公式SNSでも本当に大勢の方から追悼のコメントをいただいており、それらを見ても「ココ」は多くの人の心になにかを残してくれたのではないかと感じます。
この場を借りて、お礼を言わせてください。
たくさんのあたたかなコメント、ありがとうございました。


ちょっぴり悲しそうなヒナタ


相方がいなくなって寂しそうにも見えますが・・・ これからは「ココ」の分まで「ヒナタ」を可愛がってあげてくださいね。

最後になりましたが、大きな動物でも小さな動物でも、亡くなってしまったときに、その「いのち」に関わった人間が共通で思うことを、改めてとなりますが、言わせていただきます。

長い間、「ココ」を可愛がってくださり、本当にありがとうございました。

どうぞ安らかに。


管理課業務係  石川 恭之


RSS 2.0 Login