東山動植物園オフィシャルブログ

秘湯? バクの湯

 今年の寒さは例年になく厳しいですが、皆さんはどうお過ごしですか?
 マレーバク舎では、床暖房と遠赤外線ヒーターはあるもののなんと室温が5℃を下回る日もありました。マレーバクは本来温かいところに住む動物なので、東山生まれ、東山育ちのヒサでもさすがに寒すぎます。
そこでちょっとでも快適にと思って、先輩のアドバイスをもとに寝室内でお湯を作ることにしました。部屋が広いので全体を暖めることはできませんが、お湯の周りにいるとほのかに温かいです。


 そして、2月7日はヒサ君の12歳のお誕生日でした。手作りのケーキをプレゼントして居合わせたお客様と一緒にお祝いすることができました。
 お祝いのお花もたくさんいただきありがとうございました。






動物園飼育第一係  大松 佳菜子


ラーテルの穴掘り

新しい仲間が加わる小獣舎ですが、今回はお馴染みのラーテルの穴掘りを紹介します。普段は少し触ったかな?というくらいですが、稀に砂場の砂を全て出してしまうのではないか・・・というくらいの穴掘りスイッチが入るときがあります。もしそんな姿を見かけたらじっくり観察してみて下さいね。


なかよく遊ぶラーテルのペア


ラーテルが檻の外に掘り出した土


ラーテル舎内の砂場


動物園飼育第一係  野村 勇治


アジアゾウ舎の砂山

 アジアゾウ舎で土砂の入れ替え工事が行われました。
 砂の山も作ってりんごなどを隠したりもしました。
 すぐに山はなくなってしまいましたが、これからも時折小山を作る予定なので、またゾウたちが山の砂で砂浴びをする姿を見ていただけるかもしれません。





動物園飼育第一係  戸嶋 康伸


ホッキョクグマのサスカッチ、雪に大はしゃぎ!!

一昨日からの雪により、園内の獣舎にも所々雪が積もりました。
本日朝10時頃ホッキョクグマ舎を見てみると、なんとホッキョクグマのサスカッチがプールに入っていました!!



さすがはホッキョクグマ。
野生下では氷の中に作られた巣穴にいるアザラシを狩って暮らしているだけあります。
氷のプールでもなんのそのという感じです。

その後、陸に上がり、





雪に向かって、

ダイブ!!



・・・ごめんなさい、ダイブの瞬間まではおさめられませんでした。

ダイブの後は頭に雪をかけたり、ほおずりしたりとそれはそれはもう大はしゃぎ!!




ホッキョクグマの中ではかなり高齢になり、動きもゆっくりなことが多いサスカッチですが、今日はものすごく活発に動いていました。
こんなにもはしゃぐなんて、よっぽど雪が嬉しかったのですかね。
元気そうなサスカッチを見られてなによりです。

せっかくなので、写真を多めに添付します。








サスカッチにとっては、良い日になったみたいですね。

管理課業務係  山田 正剛


RSS 2.0 Login