東山動植物園オフィシャルブログ

4ページ目 | 環境教育

親子どうぶつ講座?C

本日は大人気応募だった「動物園のレストラン」を開催しました。週間予報で雨だったので、心配していましたが、かかってくる問い合わせ電話はすべて「今日開催しますか?」で、「今日、欠席します」は1件もありませんでした。

肉・魚コーナー

メニュー表の説明を受けているところですね。

肉類の解凍庫

冬はなかなか解凍されません。それくらいカチカチに凍っています。
一番下は馬肉(ヘルシーなので)、一番上は鶏頭(カルシウム補強)かな?牛肉なんてなかなかもらえないです。

ホッケもカチコチですわ!

こちらは果物・野菜コーナー。みんなで手分けして野菜などを仕分け。これが明日の朝ごはんとして、動物たちのもとに届きます。
奥の倉庫にはペレット(ドッグフードみたいなイメージ)、ヘイキューブ(乾草を固めたブロック)、乾草などが積んであります。

プラスチックの箱に入っているのは食パンです。

お!デカイ鍋発見!

中身は〜〜?

ふかし野菜と、ゆで卵

いろいろなものを食べていますね。草食・雑食・肉食に分けられますが、みなさん、ジャイアントパンダはこの3つのうち何食かご存知ですか?


管理課業務係  桐山 千絵



<答え>
雑食に分けられるんですって。あんなに笹ばっかり食べているのに!


親子どうぶつ講座?A

今回(26日(土))は「ヒトとクマの共存について」。約1時間という、やや長めのプログラムですが、どの参加者の方も熱心に聴いていてくれました。

こんなん食べてます〜〜

クマは、目はあまり良くないけれど、鼻と耳が良いという事が分かる実験を見せてくれました。

「今から、みんなで上の観覧通路に出かけましょう。クマがにおいで飼育員が来たな!って判るとキョロキョロします。そこで鍵の束の音をちゃりちゃりっと聞かせるとくるっと僕の方を見て、目がばっちり合いますから。」

確かに飼育さんの鍵の音にはどの動物もよく反応するけど、そんな一連の動作を確認したことないなぁ…。と思ってついていくと、本当にキョロキョロします!ちゃりっ!うわ、こっち見た!

お客さんが自分の鍵を鳴らしてもあまり反応しません。飼育さんの鍵の「音」っていうのを知ってるんですね〜〜。

この音がすると餌がもらえるかもしれない?もしかしたらおやつがもらえるかもしれない?寒い運動場からあったかい室内に入れるかもしれない?と思うんですかね。

次回は4月2日(土)14:00〜「サル講座」です。

4月9日(土)「動物園のレストラン」、16日(土)「アフリカゾウのトレーニング講座」は申し込みが殺到しています。まだ募集期間ですが、すでに倍率3倍越え!

4回目以降の親子どうぶつ講座はこちら


営業推進課営業推進係  桐山 千絵


動物園で学ぶ!生き物の星 地球 環境セミナー

7月17日、みだしの企画が環境省・中部地方環境事務所と共催で開催されました。

少し長いブログですが、興味のある方は頑張って読んでください。

環境白書の編集にかかわった環境省職員がスライドを使って分かりやすく解説する座学セミナーで「バーチャルウォーター」「資源リサイクル」「生物多様性」について学びました。

環境セミナー

水が豊かだと思われている日本では、外国産のミネラルウォーターのように目に見える水だけでなく、野菜を作ったりするのに年間数億トンの“目に見えない”水を輸入していること。

電化製品の小型化に欠かせない各種「レアメタル」を採取するためにゴリラの生息地が脅かされていたり、現地の小さな子供が犯罪(密猟・盗掘)に加担する状況になったりしていること。

輸出のために東南アジアなどでマングローブを伐採してエビの養殖をおこなうと、一時的には利益が上がりますが、長期的にみるとマングローブという防波堤がなくなったために台風、洪水などの被害が拡大して利益より大きな損害を被る可能性があること。

座学の後は、いよいよ動物園へ出発。飼料室の見学で食を通じた生物の多様性を感じ、クマと類人猿の2コースに分かれて、動物の生態や野生下と飼育下での違い、彼らが抱える様々な問題などを担当飼育員と中部環境事務所職員とのコラボ・レクチャーで詳しく説明しました。

飼料室

クマコース

類人猿コース

さいごに、今日学んだことや新たに知ったことについてそれぞれ自分が強く心に感じたことや自分にできること、やっていこうと思うことを話し合うワークショップで終了。

ワークショップで出た皆さんの意見は、後日東山動植物園・中部地方環境事務所のホームページでご紹介します。

自分たちはいったい何ができるのかな?

色々なことをまず知ることが大切で、次に友人や家族に伝えることが環境活動につながるということを強く思いました。

こどもたちが大好きな小型ゲーム機も、新しい製品が出たら次々買い換えるのではなく、なるべく長く使ってください。使わなくなったら使ってくれるお友達に譲ってください。

携帯電話を交換するときも記念や電話帳替わりに取っておかず、リサイクルすることで助かる命があることを覚えていてください。


営業推進課営業推進係  桐山 千絵


こどもどうぶつ講座リハーサル その?F

5月1日(土)開催予定の「メダカ講座」の準備風景です。

顕微鏡コーナー

4月29日リニューアルオープンのメダカ館で開催します。日本には一体何種類のメダカがいると思いますか?どこに行けば野生のメダカに会えると思いますか?
メダカの生態や習性を担当飼育員が詳しくお話します。

まだメダカ入っていませんが…

応募は4月24日まで申し込み受付中。皆様の参加をお待ちしています!

春まつりが終了したら、これを含めた7つの環境教育プログラムは事前申込制で団体受付を開始したいと思います。申込方法や開始時期などが確定したら、また東山動植物園ホームページでお知らせします。


営業推進課営業推進係  桐山 千絵


こどもどうぶつ講座リハーサル その?D

4月17日(土)開催予定の「動物園のレストラン」の準備風景です。

体を造る源となる大事な「食べ物」。動物たちが一体どんなものを食べていると思いますか?食の多様性から生物の多様性を考える機会になると思います。

にんじん、りんご、さつまいも

担当飼育員が飼料室を説明しながら案内し、実際に仕分け作業の体験や、−20℃の冷凍庫をのぞいてみたりします。

カチコチのホッケ!

応募は4月10日まで申し込み受付中。皆様の参加をお待ちしています!

春まつりが終了したら、これを含めた7つの環境教育プログラムは事前申込制で団体受付を開始したいと思います。申込方法や開始時期などが確定したら、また東山動植物園ホームページでお知らせします。


営業推進課営業推進係  桐山 千絵


RSS 2.0 Login