東山動植物園オフィシャルブログ

どうぶつたちにたくさんの年賀状をいただきました

2017年12月23日~2018年1月8日まで東山動植物園内の動物会館にてどうぶつたちへの年賀状を募集しました。
今回の募集は、書いた年賀状を持参していただく、もしくは動物会館内にて年賀状を書き、設置されたオリジナルポストに直接投函するという形でした。
郵送での受付をしていないにもかかわらず、いただいた年賀状の数は



・・・121通!!

たくさんの年賀状をありがとうございました。

いただいた年賀状を一部紹介させていただきます。
今年はいぬ年につき、イヌ科のどうぶつへの年賀状もたくさん頂きました。



東山動植物園には以前にも紹介したとおり、ホンドタヌキ、ホンドキツネ、フェネック、シンリンオオカミ、ヤブイヌの5種のイヌ科がいます。中央上の年賀状は5種すべての写真が載っていますね。

続いて紹介するのは、



昨年、メディアにもたくさん取りあげられ、大きな話題となったフクロテナガザル!!
特徴的な鳴き声のケイジ(オス)とマツ(メス)。
2018年も元気に鳴いてます!!

次は、



コアラ!!
とっても可愛くて安定の人気。
昨年11月頃にはホリーの赤ちゃんが、お腹から出るようになりました。
中央の年賀状はホリーと頭の上に乗る赤ちゃんを書いてくれたのかな。
なお、コアラの赤ちゃんは1月28日(日)まで愛称を募集しています。
詳しくはこちら

その他にも様々などうぶつに年賀状をいただいております。



左上はマレーグマのマーチン(オス)。
とっても可愛くてはちみつが大好物。

中央上はソマリノロバのさくら(メス)。
ソマリノロバは日本国内では唯一東山動植物園が飼育しています。
クラフトを使って、とても上手に仕上げた年賀状ですね。

右上はアジアゾウ。
ぞうも不動の人気でこの他にもたくさんの年賀状をいただきました。

左下はミナミコアリクイ。
自然動物館で飼育をしておりますが、工事のため明日1月16日(火)から3月15日(木)(予定)までご覧いただくことができません。
工事が終了しましたら、ぜひ見に来てくださいね。

中央下はコツメカワウソ。
昨年開催された第一回カワウソゥ選挙では、メスのココ&ヒナタが全国第9位に輝きました。
残念ながら昨年11月にココが亡くなってしまいましたが、ヒナタはゾージアムにて現在も元気に暮らしています。
なお、東山では自然動物館にオスのドンという個体もおります。

右下はフラミンゴ。
鳥インフルエンザ対策のため、現在はバックヤードで飼育しており、お客様からはご覧いただくことができませんが、元気に暮らしています。

最後の紹介です。



左上からコビトカバ、中央上ツシマヤマネコのさんちゃん(オス)、右上ライオン、左下ユキヒョウ、中央下ホッキョクグマのサスカッチ(オス)、右下キリン。

本当にたくさんの年賀状をいただき、ありがとうございました。
いただきました年賀状は、一部を除いて、模造紙に貼り付けし、飾り付けして・・・



完成!!
こちらは明日1月16日(火)から2月4日(日)まで動物会館にて展示します。
みなさんぜひ見に来てくださいね。
そして2018年も東山動植物園をどうぞよろしくお願いいたします。


管理課業務係  山田 正剛


関連記事

この記事「どうぶつたちにたくさんの年賀状をいただきました」に付いているタグ から関連する記事を6件表示しています。

RSS 2.0 Login