東山動植物園オフィシャルブログ

【80th】もうすぐ80周年〜Bone!ボーン展始まります〜

いよいよ18日から開園80周年特別イベントが始まりますね。
自然動物館でも特別展をするのですが、一足早くチラ見せしちゃいますよ〜。

本日お見せするのは一部で人気?透明標本です。

これはツチガエル

こちらはコイチョウハナダイモリ

ほかにも色々な標本を順次展示していくので、期間中何度でも見に来てくださいね。


動物園飼育第二係  鬼頭 美妃


[80th]新ゴリラ・チンパンジー舎 工事現場見学会について

いよいよ3月18日から80周年記念事業がスタートします。新ゴリラ・チンパンジー舎の完成はまだまだ先ですが、80周年期間中に工事現場見学会を開催します!

○日時
 3月26日(日)13時から15時
 4月9日(日)13時から15時

○集合場所
動物園北園のフクロテナガザル舎前。
(現ゴリラ舎から階段を降りた場所です)

○見学方法
工事現場内の安全エリアから遠目に見学していただきます。

工事現場ですので足元は砂利敷きです。歩きやすい靴でご見学ください。
せっかくの機会ですので、どしどしお越しください!!

ちなみに、工事現場の最近の状況はこんな感じです。
1月〜3月上旬まで屋外展示場の軟弱地盤を改良しました。

地盤改良しています

新獣舎はコンクリートの壁・床・天井が完成しました。

観覧通路になります

建物内部は今回ご覧いただくことができません。

工事現場見学会でお待ちしています!!


再生整備課  中村 直嗣


[80th]東山動植物園80年分の思い出やいかに?!

今年は開園80周年ということで、昨年の夏秋に、東山動植物園80年分の思い出を大募集しました。
とってもコンパクトに俳句・川柳で応募いただきました。

すると、なんと!応募総数490句!
下は4歳から上は92歳まで、五・七・五という渋い形ながら、こんなにたくさんの投句がありました。

この中から優秀作を選び出すのはとても大変でしたが、見事入賞した38名の方々をお招きして、表彰式を行いました。

選考者の方々からまず講評をいただいて

表彰です。

続いて、作品発表。こどもも大人も堂々たる発表です。

表彰式の後には、こあらっちとズーボも一緒に、みんなで記念撮影。

入賞句は、80周年イベントの期間中(〜6月4日)園内の壁に掲示します。

80年の年月を感じる句、情景が目に浮かぶ句、共感する句、いろんな句があります。ぜひご覧ください!


応募作品はコチラ



管理課業務係  野嵜 あかね


[80th]開幕15日前の東山を披露

3月3日は植物園の開園記念日。(動物園よりひとあし早く開園しているのです)
そして、開園80周年記念事業「体験!仰天!東山!Higashiyama80th」の開幕の15日前。(もう開幕まで15日(汗 )

この日、マスコミの皆さんに、開幕よりちょっぴり早く園内をご案内しました。
テレビや新聞でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、少しご紹介します。

まずは、日本に4冊のみの「ターヘル・アナトミア」。

こんな風に披露しました。

手袋をして開くんです。ちょっと緊張。

次に、「ぴょんぴょんユキヒョウ」

急に部屋が広くなって戸惑い気味?

ユキヒョウのワンステップが動物保護につながる「にゃん!クリックぼきん」を行うので、ユキヒョウたちにはぴょんぴょん跳んでほしいものです。

そして、「ドキドキスマトラトラ」

うわ!

ダマイちゃん、大サービスです。役者ですね。

この日はとっても良い天気、遠足のちびっこも多くて大賑わい。3日にお越しの方はラッキーでした。


というわけで、本物は会場で。
18日の開幕をお楽しみに!


管理課業務係  野嵜 あかね


[80th] 80年の歴史を振り返る vol6 〜温室が見てきたもの(昭和編)〜

開園当初からある温室前館は
これまで80年間、植物園の激動の歴史を見てきました!

開園当初の絵葉書

開園当初は温室横に切符売場がありました。
※戦前の温室は、有料でした。

温室前にあった切符売場

戦時中、燃料事情が悪化して、温室暖房用の石炭が無くなりました。職員は、園内の松から作った木炭や、亜炭(石炭の中でも、最も石炭化度が低いもの)を手に入れ、必死に温室の植物を守りました。
※その職員も戦場に行き、一人また一人減っていきました。

勤労奉仕をする女学生(昭和18年)

空襲直後の温室(昭和20年)

戦後、温室前がアメリカ軍に接収され、軍の仮墓地となってしまったとき、仮墓地建設隊長のスケールズ中尉は、花の種を買うお金がない植物園に、本国から種を取りよせクリスマスにプレゼントしてくれました。

真ん中がスケールズ中尉(昭和20年12月)

世界の主要な植物園にパラグアイオニバスの種の寄附のお願いをして、ミズーリ植物園が寄附してくれました。その後、日本で初めて花が咲きました。

パラグアイオニバスの花(昭和25年)

伊勢湾台風では植物園は大きな被害を受け、温室や事務所のガラスが割れ、園内の木が500本以上倒れました。

伊勢湾台風で被害を受けた温室(昭和34年)

昭和57年には、開園当初から共に歩んできた煙突が撤去されました。※過去のブログで紹介した煙突は、石炭暖房用の煙突です。

煙突撤去の様子(昭和57年)

稲武町ふるさとまつりでは目の前に何と山車が出現しました。

山車が出現(昭和60年10月)

開園50周年では、世界最大のサボテン「ベンケイチュウ」がやってきて、多くのお客様で賑わいました

ベンケイチュウ(昭和62年)

温室前は人でいっぱい(昭和62年)

昭和は終わり、次は平成編です。
(〜更新できるかな・・〜)


管理課業務係  瀬戸 耕二


RSS 2.0 Login